レザークラフト Feed

2014年4月15日 (火)

ロングウォレットの製作 スタート

ボロボロの財布を使っていると dollar が貯まらないような・・・。

そろそろ財布の製作に取り掛かろうかという気持ちに。

まずはトコノールで裏面の毛羽立ちを抑えます。

Dc0415031
ガラスのプレートで引き伸ばしながら

Dc0415041
全部品の処理が終了。

Dc0415051 
乾燥が終わると木工用ボンドをチャックに塗布。

Dc0415071
チャックを革に接着します。

Dc0415081
目打ちで穴を開け縫い付けてコイン入れが出来ました。

Dc0415091
今日はここまで。

でも1度、間を開けてしまうと仕上がりが何時になるか分からないのが私sign01

次回、製作の続きはいつになることやら coldsweats01

2014年2月13日 (木)

ロング ウォレット 製作 キット

お気に入りだったBREEの財布。 イイ感じに変色してきたのですが・・・。

Dc0212011 
布は破れる、革は切れるでボロボロ shock 

そろそろ替え時です moneybag 

Dc0212021
そんなこんなで今日、製作キットが mail 届きました。

オークションで送料、手数料込の¥1,758。 まずまずの値段で落札出来ました。happy01

革を購入して切る、面倒な作業を考えるとこの位の値段であればキットが good かも sign02

Dc0212051 
最近は革細工をされる方々が増えたのか? ¥3,000だ¥4,000だで落札される事も。 おまけに革の値段も高騰、少しずつ手が出せなく・・・ coldsweats02

しかしこのキット何時になったら組上がる事でしょう sign02 

春財布に間に合うかなぁ。coldsweats01

2013年6月10日 (月)

革の靴

革細工をする気分になるなんて何ヶ月ぶりでしょう?

初めて靴にチャレンジします。

まず、革を裁断して

Dsc_0403

菱目を開け

Dsc_0406

縫い合わせ出来上がり

Dsc_0408

後は水で濡らして成型し乾燥すれば完成。

かわいい革靴の出来上がり。 

勿論、アクセサリー happy01

Dsc_0414

乾燥後にカカト、靴紐を取り付けるとバッチリ!

妻に感想を・・・『その位、一生懸命仕事しろ!』って?

ごもっともです。

2013年3月26日 (火)

ハンドストラップ 完成

良い感じに出来上がりました。

Pap_0457

満足

Pap_0456

満足

Pap_0455

思いっきり。

自己満足です。

2013年3月25日 (月)

革のカメラハンドストラップ製作

注文していたカメラのハンドストラップが届きました。

Dc0325021

こんな風に使います。

Dc0325041

でも何か満足出来ない・・・?

合皮だからだ~! で、革で製作開始。

型紙を作り

Dsc_0010

表の革2枚、裏の革1枚。

Dsc_0003

表の革と裏の革を接着して

Dsc_0007

切って・・・菱目を打って・・・縫い合わせたら・・・完成。

Dsc_0011

裏はこんな感じ

Dsc_0012

後はコバを磨いて・・・革ベルトを作れば完璧!

革のハンドストラップ、もうじきデビューです。

2012年10月25日 (木)

革の長財布

先日、玄関で寝ていた私に布団を掛けてくれた息子より何ヶ月も前から財布のリクエストがあったのですがいつもの様に後回しに。

やっとやる気になりました。

Dscn4059

バッグよりも財布を作る方が苦手、縫い合わせの枚数が多いからです。

Dscn4061

もうすぐだぁ~!

Dscn4062

縫い終わり、これからコバ処理

Dscn4064

完成

Dscn4065

ヌメ革の財布、ガンガン使い込んで

濃い色に変えちゃってね。

2012年10月17日 (水)

三角ケースの修理

仕事をすれば引き受けて帰ってしまいます。

私の革の小物入れを見て『腕を上げたねぇ~』の一言に調子に乗って。

Dscn3934

蝶々の採取ケース

Dscn3936

上蓋が切れかけているので交換を頼まれました。

自宅への帰り道、どうして引き受けたんだろう?・・・後悔。

まあ気を取り直して

Dscn3938

まず上蓋を分解

Dscn3939

同じように新しい革を裁断、折り目に溝を付けます。

Dscn3940

何色でも良いとの事だったので今回は黒で

Dscn3943

カシメで止めて出来上がり

Dscn3946

つぎはぎだらけの三角ケースです。

これも仕事ですよ~!

2012年10月16日 (火)

革包丁ケース

新しく革包丁を購入したのでケースを製作。

Dscn3920

包丁のサイズに革を裁断

Dscn3922

芯になる革と表の革を木工ボンドで接着

Dscn3925

目打ちで穴を開けホックを付けて

Dscn3927

縫い合わせれば

Dscn3929

完成。

捨てないで取っていた端革がこんな所で役に立ちます。

少しくらい汚れていても味があると思えばECO。

使えるだけ使ってやる事も・・・。

牛さんに感謝!

2012年10月 5日 (金)

デモンタ 革巻き

  自転車シーズン到来

Dscn3858_2

デモンタのトップチューブを革で・・・。

Dscn3866

ブレーキが当たって

Dscn3865_2

傷付くココにも

Dscn3859

花模様の革を

Dscn3863

こんな風に・・・縫い付けて

Dscn3867

Dscn3868

残るはダウンチューブの中央部。

それから面倒なハンドルとブレーキレバー。

もう少しで完成です。

2012年8月 2日 (木)

ロッドケースの革のキーカバー

折角、持ち手を革に替えたのに鍵のカバーがビニールだとチョットなぁ?

と鍵のカバーも革に替える事にしました。

Dscn3711

まず持ち手を作った残りの革を

Dscn3712

漉きます。

Dscn3713

銀ペンで形を取って

Dscn3716

カットし穴を開けるための線を引きます。

Dscn3717

目打ちで穴を開けます。

Dscn3718

縫い合わせる前に縫わない部分のコバに色を付け磨きます。

Dscn3720

縫い合わせて重なった部分のコバを処理したら完成。

Dscn3721

完成まで30分弱。

どうでも良い部分もやっぱり革! こだわらなくっちゃ!

あっ! まだベルトも残ってる?

取りあえずこの位にしときますか。